書籍

2017年

20. 大西健夫(共訳):『応用地下水モデリング』,共立出版(2018年刊行予定)

19. 大西健夫・龍澤彩・曽我市太郎『地球を旅する水のはなし』,福音館書店,2017年9月

18. 大西健夫(共著):「陸域の水・物質動態のモデル化の現在」,『地下水・湧水を介した陸‐海のつながりと人間社会』(小路淳・杉本亮・富永修編),恒星社厚生閣,pp.54-64, 2017年3月

2014年

17. 大西健夫:「棚田・地球環境問題・魚附林」,農業農村工学会誌,82巻(1),pp.70-72

2013年

16. 大西健夫(共著):「ロシア・中国の河川」『全世界の河川事典』.高橋裕,寶馨,野々村邦夫,春山成子編,丸善書店,2013年7月

15. 半藤逸樹・大西健夫:「統合知(方法論)」『人間科学としての地球環境学 人とつながる自然・自然とつながる人』(立本成文編),京都通信社,2013年4月

14. Takeo Onishi, Tahmina Khan, and Ken Hiramatsu: Impact of landuse change on flooding patterns, Ashraf M. Dewan and Robert J. Corner (Eds.) Dhaka Megacity:Geospatial perspectives on urbanisation, environment and health, Springer Verlag, ISBN 978-94-007-6734-8, 2013

2012年

13. Takeo Onishi, Humio Mitsudera, and Keisuke Uchimoto: Numerical Simulation of Dissolved Iron Production and Transport in the Amur River and the Sea of Okhotsk, Taniguchi M. and T. Shiraiwa (Eds.) Dilemma of boundaries, Springer Verlag, Japan, ISBN-13: 978-4431540342, 2012年5月

12. Takeo Onishi, Makoto Taniguchi, Takayuki Shiraiwa, Takahiro Endo, and Yasunori Hanamatsu: The Dilemma of Boundaries in Environmental Science and Policy: Moving Beyond the Traditional Watershed Concept, Taniguchi M. and T. Shiraiwa (Eds.) Dilemma of boundaries, Springer Verlag, Japan, ISBN-13: 978-4431540342, 2012年5月

11. 大西健夫(共著):「イリ川の水収支」『中央ユーラシア環境史 第1巻 環境変動と人間』,臨川書店,pp. 259-266,2012年3月

10. 大西健夫・地田徹朗(共著):「乾燥・半乾燥地域の水資源開発と環境ガバナンス」『中央ユーラシア環境史 第3巻 激動の近現代』,臨川書店,pp. 267-297,2012年3月

2011年

9. 大西健夫:アムール川流域を対象としたマクロスケールの溶存鉄生成モデル,海洋と生物,34(1), 2012年2月

8. 古澤拓郎,大西健夫,近藤康久(編著):フィールドワーカーのためのGPS/GIS入門,古今書院、2011年9月

2010年

7. 大西健夫(共著):「未来可能性」『地球環境学事典』.総合地球環境学研究所編、弘文堂書店,2010

6. 大西健夫(共著):「物質循環と生物-森・川・海の鉄循環-」『地球環境学事典』.総合地球環境学研究所編,弘文堂書店,2010

2009年

5. 大西健夫,龍澤彩(翻訳): くうきはどこに? 福音館書店,31p., 2009

4. Nagano T., Onishi T., Watanabe T., Hoshikawa K., Donma S., and Kume T.: Long-term changes of water and salinity management in Lower Seyhan Plain, Turkey. M. Taniguchi, Y. Fukushima, W.C. Burnett, M. Haigh & Y. Umezawa (eds.) From Headwaters to the Ocean: Hydrological Change and Watershed Management, Taylor & Francis, 313-319, 2009

3. Onishi T., Shibata H., Yoh M., and Nagao S.: Mechanism for the production of dissolved iron in the Amur River basin – a modeling study of the Naoli River of the Sanjiang Plain. M. Taniguchi, Y. Fukushima, W.C. Burnett, M. Haigh & Y. Umezawa (eds.) From Headwaters to the Ocean: Hydrological Change and Watershed Management, Taylor & Francis, 355-360, 2009

2008年

2. 大西健夫(共著): 「海を豊かにする湿地の鉄」、『地球の処方箋-環境問題の根源に迫る』.総合地球環境学研究所編,昭和堂出版,pp. 188-191, 2008

1. 大西健夫(共著): 「長江流域」、『アジアの流域水問題』.砂田憲吾編著,技報堂出版,pp. 13-30, 2008